Research - 2006


卒業論文
久保田幸依
美瑛の丘の風景の成立メカニズムに関する研究
  景観・デザイン研究講演集 No.2 2006 pp.1-5

関野らん
メディアによる時間・空間感覚の変化に関する研究
-コミュニケーション媒体に着目して-
  景観・デザイン研究講演集 No.2 2006 pp.101-106

田中秀岳
グレイン論に基づく下町イメージの分析
  景観・デザイン研究講演集 No.2 2006 pp.91-96

濱本優
近代街路におけるプロムナードの成立と展開に関する研究
  景観・デザイン研究講演集 No.2 2006 pp.77-84

山下雅士
地域の素材色の景観的価値獲得プロセスに関する考察 -石州瓦を例に-
  景観・デザイン研究講演集 No.2 2006 pp.10-13

後藤祐樹
景観整備事業に関する複合的事後評価手法の研究
-津和野川をケーススタディに-
  景観・デザイン研究講演集 No.2 2006 pp.137-146


修士論文
貴志法晃
大学生の公共空間における公私感覚に関する考察 -他者の視線に着目して-

友寄篤
江戸から明治初期における天下祭の変遷にみるコミュニティと都市空間

小野田祐一
インフラ整備による都市計画の変遷に関する研究
-インフラの種類と計画設計論理の違いに着目して-

近藤真由子
都市計画からみた事業型墓地の課題とコントロール手法

中村公紀
Peter Rice の設計思想

福島秀哉
日韓併合期の朝鮮における日本人土木技術者の仕事とその組織
-朝鮮総督府組織体系の変遷と慶尚南道の道路橋建設事業-

宮元大輔
都市における移動経路の同定と空間情報に関する考察
-渋谷・新宿の案内地図を分析対象として-

服部正隆
高山英華の仕事と都市計画思想

大本泰二郎
沿岸斜面地集落の鋼製原理に関する研究
-香川県高松市男木島を事例として-

崔静妍
朝鮮総督府における韓国人土木技術者の仕事に関する研究


博士論文
阿部貴弘
近世城下町大坂、江戸の町人地における城下町設計の論理