Research - 2011


卒業論文
高濱康亘
行動と意味から見た街歩き体験の分析 -定年後の街歩きとは-
  景観・デザイン研究講演集 No.7 2011 pp.98-108

永井友梨
住民に共有される記憶の調査に基づく町の同一性に関する考察
  景観・デザイン研究講演集 No.7 2011 pp.172-176

内藤歩
自転車移動による地域認識の特質
  景観・デザイン研究講演集 No.7 2011 pp.109-115

久保寺亮介
バブル期における都市生活の時代様相に関する考察

山下尚志
首都高速道路の景観評価の変遷

高柳誠也
保存運動から見る駅舎建築の市民的価値の形成と変容
  景観・デザイン研究講演集 No.7 2011 pp.177-184


修士論文
萩原知子
都市再開発が生み出す公的空間の現代的性格
-ディストピア化する都市の「空間の条件」-

安藤達也
流れ橋の土木民俗学的研究

金野拓朗
風環境調整機能に着目した沖縄県竹富島の伝統集落景観の分析

ダオークィンーアン
ハノイ住宅地の公共空間における空間と利用形態の関係
KTTトラン・トゥと新興住宅地リン・ダムを例に

黄露
中国湖南西部における苗族の文化的景観に関する研究
前近代的な文化的景観の背後に何があるか?

亀田佳明
城下町竹田における街区内部の利用と変遷

佐多祐一
オープンスペースの再編による中野中心市街地変容手法の提案


博士論文
山田裕貴
竹田における農村景観の近代的変容と多層的共同体の関係性
  景観・デザイン研究講演集 No.7 2011 pp.254-261

西村克彦
メキシコ・シティ旧市街におけるオープンスペースの公共性に関する研究
  景観・デザイン研究講演集 No.7 2011 pp.213-222